鎌倉で暮らす生命保険コンサルタントのBlog.



「休暇」

この映画は小林薫さん観たさに映画館に出掛けました。
f0001956_11205628.jpg
原作はノンフィクション作家・吉村昭さんの同名短編小説。

たかが「休暇」のために人の命を奪う行為に加担するのか―

半年前の母親の死によって有給休暇を使い果たしてしまい、新婚旅行をあきらめていた拘置所のベテラン刑務官(小林薫)。日々を無為に過ごしてきた彼が、40歳にしてシングルマザーの美香(大塚寧々)と結婚することになった。なかなか打ち解けない連れ子との関係を築く間もないまま挙式を目前に控えたある日、次第に心を通い合わせつつあった死刑囚・金田(西島英俊)の死刑執行の命令が下る。
執行の際、『支え役』(2階の床が落ちることで首を吊る死刑囚の落ちてくる体を1階で支える役)を務めれば1週間の特別休暇を与えられると知り、新しい家族との新婚旅行に出掛けるために、同僚の三島(大杉漣)らの戸惑いもよそに誰もが嫌悪する支え役に自ら名乗り出る…

 
未来の希望を奪われて「その日」を待つ死刑囚と、死刑囚の精神的ケアをしながらもその命を奪う仕事に携わる刑務官たちの抱えるストレス、執行までの逡巡、一方で不意に訪れたささやかな幸せを大切にしたいという思い… 淡々とした日常の両極端なエピソードを紡ぎながら、「死刑」という大きなテーマを観客に訴えかけるとても良い作品でした。


キャストは小林薫さんの他に、西島英俊さん・大杉漣さん・大塚寧々さんと芸達者ばかり。
そのなかでも西島英俊さんの死刑囚役が出色でした。

ちなみに、私が観た日は上映最終日の最終上映で、上映5分前に静岡市内の映画館に到着。
滑り込んできた たったひとりの観客を見てがっかりした様子のスタッフの方には申し訳ないながらも、贅沢な「貸切り上映会」となりました(笑)

「休暇」HP
[PR]
by plavi_758 | 2009-01-17 11:20 | オススメの本・映画
<< 榛原郡川根本町・四季の里(大根そば) いよいよセンター試験ですね。 >>


鎌倉で楽しく暮らす独立系 生命保険・損害保険コンサルタント。住宅業界8年、保険業界4年目の36歳。鎌倉青年会議所活動、鎌倉での食べ歩きetc を綴ります。ご連絡は plavi_fumiki@gmail.com まで!
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
オススメのブログ・サイト
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧