鎌倉で暮らす生命保険コンサルタントのBlog.



2011年 01月 09日 ( 1 )


靴選びの大切さ ・ プロとしての在りかた

昨日は私のお客様でもあり、いつもお世話になっている法人の専務様のお誕生日。

「ささやかなものですが・・・」とお祝いにお花をお届けすると「お礼に素晴らしい人に会わせてあげる」と、靴屋さんの社長様をご紹介いただきました。


私の場合は「靴」を買うといえばビジネスシューズがほとんどです。

1日平均で12,000歩ほど歩いているからか、革靴は3ヶ月ほども履きつづけるとダメになってしまいます(いつも革が破れたり、靴底が割れたりしてしまう)ので最近は「消耗品」と割り切っていました。

その結果、一足で数万円もするようなビジネスシューズは勿体ないな・・・と思ってしまうのです。

しかし、その社長様のお話をお聞きして「質のいい靴を履けば全く違う」ということに気づかされました。


それは、

①長持ちする(安物買いの・・・ということがなくなる)

②身体のバランスが整えられる(姿勢が悪いのを靴の中敷きでも矯正できる)

③歩く姿が格好良くなる(ビジネスマンにとっては魅力的な効果!)


そして、靴紐の結びかたにも、ひとそれぞれの体格やそのシュチュエーションによって違いがあるということも教えていただきました。

靴擦れなんて以っての外で、しっかりとした靴選びができていれば、そんなものは起こらないそうです。

私の場合は新しい靴を履くと、必ず靴擦れが起こって踵を傷めたり小指に水ぶくれが出来たりしていましたが、それも「革が伸びるまでの我慢だ」と考えて耐えていました。

実際に有名な靴屋の店員さんからそのように言われたこともあります。


昨日履いていた革靴は「左足の小指が痛いのを我慢しています・・・」とお話をすると、私の立ち姿や足をじっと観て・・・

「腰痛があるんじゃないの?」

「判りますか? 実はそうなんです」

そこで、社長様が考案されたという特殊な形・厚み・幅の中敷きをボンドでペタッと貼ってくださいました。

そうすると・・・ あら不思議!

それまでの小指部分の窮屈さが嘘のようにしっくりと革靴と足が馴染みました。

実際に身体のバランスが悪いことが原因で腰痛を抱えている方も多くお店に来られているそうです。


社長様の「単なる物売りではなくお客様の為に」という想いは私自身の生命保険への想いとも共通するところがおおいにあり、「健康への第一歩が靴である」「プロフェッショナルとしての誇りを持って商売をする」という考えに深く共感させられました。

現実的にはその社長様のお勧めの靴を革を休ませる為に数足購入してローテーション・・・なんて(物理的な問題で)まだまだ出来ませんが、そうでありたいと強く思いました。

この出会いに新たなエネルギーを与えていただきました。

ご紹介くださったK専務様、お忙しい中お時間をいただきましたS社長 ありがとうございました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【 お願い 】 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング に参加しています。 
        ↑↑↑ 1日1回 上のボタンをクリック して応援よろしくお願いします!

[PR]
by plavi_758 | 2011-01-09 01:33 | 生命保険への熱き想い


鎌倉で楽しく暮らす独立系 生命保険・損害保険コンサルタント。住宅業界8年、保険業界4年目の36歳。鎌倉青年会議所活動、鎌倉での食べ歩きetc を綴ります。ご連絡は plavi_fumiki@gmail.com まで!
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
オススメのブログ・サイト
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧