鎌倉で暮らす生命保険コンサルタントのBlog.



カテゴリ:鎌倉で家探し( 2 )


鎌倉に住もう!(下宿探し2/2)

4坪不動産屋さんの扉の中には、笑顔のちょっとお姉さんな店員さんがひとり。

店内に入ってみると、さらに狭さを感じるその内部にちょっと不安がよぎりました(笑)



客用と思しき壁際のソファに座り、以前の2軒の不動産屋さんと同じ条件を伝えると・・・


出てきました。例の物件が!


「これはオススメですよ」とのお姉さんの言葉に、その内容を詳しく聞きだします。

「この部屋は、女性の大家さんがおひとりで2階に住んでいて、1階にふた部屋貸室があります。ちょうど今日、引越しをされているので、明日には見られますよ」

最後の「今日、引越し」という言葉に驚いて、もう一度訊き直しましたが、同じ答え。
「大家さんとはお親しいんですか?」と訊ねると、自信満々に「はい!」

先程の不動産屋さんは、「1月中旬の引越し」だと言っていたので、こちらの不動産屋さんの方が「大家さんに近い」関係を築いていることが判ります。

さっきその家を見に行った時に窓が開いていたのは、引越しをしていたのか、終わった後だったのかもしれません。

「さっそく明日、午前中に見させてもらいたいんですが」とお願いすると、すぐに大家さんに電話をしてくれました。電話をしている様子もいかにも親しげです。



翌日の午前10時に見させていただく約束をして、4坪不動産屋さんを後にしました。


店を出て、時計を見ると時間は午後4時前。

鎌倉駅周辺地図


ふと思い立ち、鎌倉駅東口から西口へ移動します。

今迄、下宿を東口の不動産屋さんばかりで探していましたが、西口にも不動産屋さんはあるはずです。ちょっと痛む足の裏を気遣いながら、てくてくと歩きます。


駅の脇にある地下通路を西口にまわり、御成通りという商店街を歩きます。


不動産屋さんを3軒見つけました。

1件は売買物件しか扱っていなさそうでしたので、「地元の不動産屋さん」の雰囲気がプンプンする他の2軒の入り口脇に貼ってある物件情報を見て、「賃貸を探しているんですけれど・・・」と声を掛けてみました。

すると、それぞれの店で、ソファに全く同じ格好で座っている(ふんぞり返っている)年配のご主人から、全く同じ面倒くさそうな答えが返ってきます。

「店の表に貼ってある物件しかないよ!」

「そうですか・・・  どうも。」


ちょっと凹みましたが、また喫茶店でひと休みしました(笑)

気を取り直して、鎌倉の情報誌で今夜の宿を探します。

f0001956_1555895.jpg
駅に近く、安く素泊まりが出来る宿である、このホテル ニュー カマクラ にしました。

ホテル ニュー カマクラで泊まった部屋は、数年前にテレビ東京のTVチャンピオンという番組でリフォームをした「北紀行」という部屋。茶室を解体した古材を使ったそうです。
f0001956_2818100.jpg
f0001956_283515.jpg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明けて27日は午前10時に昨日お願いしておいた物件の見学です。

鎌倉駅周辺地図


勝手知ったる(?)駅前からの道を今日もてくてくと歩き、10時ちょうどに到着。

今日は堂々とチャイムを押します。 

「ピンポ~ン♪」

「はーい」と上品そうな女性(大家さん)が出てきて、部屋に招き入れていただきます。

大家さんご自身で昨日から少しずつ掃除をしているそうですが、住人が女性だったからか、それほど汚れてはいません。ひと通り、物件情報の間取り図と実際の建物の広さを確認。

今は田舎の一軒家に住んでいて、荷物が多いので「かなり絞らないといけないなぁ」などと考えながら、大家さんの身上調査まがいの世間話(ご両親はご健在?、お仕事は?etc)をいなしつつ(笑)、頭の中でどこにどんな家具を置くのかといったシュミレーションを繰り広げます。


他に物件の当てはありませんが、ダメモトで最後に値引き交渉!

・・・とはいっても、「8.3万円の家賃を8.2万円にして」という程度の可愛らしいものです。

大家さんは、こちらが値引き額を「1,000円でいいから引いて下さい」と言ったのを「2,000円?」と聞き返しましたが、ここは欲をかいてはいけないと思い、紳士的に(?)「1,000円です」と言い直します。

この値引きを笑顔でOKしてくださいましたので、「これから不動産屋さんへ行って、申込みをしてきます。よろしくお願いします」と別れ、「もう決まった!」と意気揚々と4坪不動産屋さんへ。

昨日のちょっとお姉さん店員さんに申込書をもらい、大家さんと とても良い感じで話をして別れてきたことを話しながら、その場で必要事項を記入。

店員さんは、すぐさまその内容を大家さんに電話で確認してOKをもらってくれようとしました。


・・・・・・ が!


電話の様子を聞いていると、どうも大家さんが渋っている様子。

心配しているのは、当然ながら家賃がしっかりと入れられるかどうかということに尽きます。

《今回転職する人間だということ》

《大家さん自身が勤め先の外資系金融会社を知らない》

《立てようとしている保証人の心配》


といったことのようです。


結局、その電話では結論を出せないということになったらしく、昼まで待って欲しいとのこと。



一度、4坪不動産屋さんから出て、お昼ご飯をのんびりと食べ、ちょっと考え込みます。

「失礼な態度をとったり、言葉を使ったのだろうか?」「セコく値切ったのが悪かったのだろうか?」「女性ばかりで住んでいた家だから、男性は望んでいなかったのだろうか?」など。


でも、大家さんからすれば、借家人を慎重に選ぶのは当たり前のこと。

考え込んでも仕方ないので「良い結果を信じて、連絡を待つしかない!」との考えに至ります。


・・・・・・「でも、最悪のことを考えて、他の不動産屋さんを当たっておこう」と決意し、昨日、素っ気無い態度だった駅西口・御成通りの地元不動産屋さんへ突撃!!

昨日から歩きっぱなしの足の裏はジンジンと痛みます。


表に貼ってある物件しか扱っていないのだからと、その中から目ぼしいものを選んで店内へ。

「こんにちは。表のこの物件見たいんですけれど・・・」


不動産屋さんのご主人は、

「今日で仕事納めだからさぁ 働きたくないんだよね」


「(私)・・・・・・ 自分で外からでも見てくるから、場所だけでも教えてくださいよ」

「・・・・・・ (しょうがねぇなあ)わかったよ。 この道を真っ直ぐ下って、右に曲がって、工事中のマンションを左に曲がって、小さい橋を越えたところにある美容室の向かいだよ」

「(私)・・・・・・ そうですか 行ってきます (地図のコピーくらいくれないのかなぁ?)」

一応、ご主人のもの凄い早口での道案内を復唱しながら、物件へと向かいます。


なんとか迷わずに辿り着きましたが、「家賃には見合わない物件だな」という印象。


がっかりして不動産屋さんに戻り、物件情報のコピーだけなんとかゲットして店を出ました。


店を出て腕時計を見ると、時間は午後の2時過ぎ。

携帯電話を見ても、4坪不動産屋さんからの「合否」連絡はまだありません。しかも、ちょっと携帯電話をいじったその時、充電が切れました・・・・・・


下宿探しはこの日のうちに片をつけないと年明けに改めて探し直しということになってしまいます。


「もう、待ってられない!」と、駅東口への地下道を通って4坪不動産屋さんへ。


店の前には、例の物件の情報がまだ掲げられています。

「大家さんがOKだったら、もう掲示が外されていてもいいのでは?」と不安を抱えながら入り口の戸を開けると、ちょっとお姉さんの店員さんは不在で、ご主人らしき男性が。

「ああ さっきの人ね。 伝言が残ってるよ。」

伝言の書いてある紙には

『大家さんから入居承諾の連絡がありました。契約に向けて話を詰めたいので、年明けに連絡をください』


それを聞いて、

「ほっとしました~ ダメだったらどうしようかと思って」と、思わず半泣きで笑っていました。


「お世話になりました。ありがとうございました。」

と、ご主人にお礼を言って店を後にしましたが、肩・腰・足に、この1日半の疲れがどっと出てきたかのように感じて足取りが重い・・・

昨日から下宿探しの為にトータル6時間は歩きました。


ふと、忘れていた足の裏の痛みが再発し、またもや喫茶店でちょっと休憩。

足の裏は皮がふやけて剥けていました。それを見て、さらにぐったり。そしてちょっとまったり zzz

f0001956_29399.jpg
小1時間休んで、お土産(↑)を買って静岡へと帰りました。


さぁ これで1ヶ月後には鎌倉暮らしが始まることになりました!


それにしても、下宿探しは計画性と時間の余裕をもってしなければいけませんね(笑)

                                                   おしまい
[PR]
by plavi_758 | 2009-01-27 02:12 | 鎌倉で家探し

鎌倉に住もう!(下宿探し1/2)

「鎌倉」に住もうと思ったのは、横浜・桜木町にあるアクサ生命保険株式会社への転職。

ちょうど1ヶ月前の下宿探しの様子を記事にしました。

アクサ生命保険とは、フランスに本社がある世界最大級の金融・保険グループAXA(アクサ)のメンバーカンパニー。生命保険、損害保険、老後資金、相続に関するニーズにお応えしていくことはもちろん、企業経営者へのリスクマネジメントをも手掛けている会社です。

さすがに焼津から横浜まで通うわけにはいかず、引越しが必要です。

以前から、次に自分が住む街の条件として考えていたのは・・・

① 職場までの通勤時間が30~40分であること

② 美味しい蕎麦・鮨・うなぎのお店があること

③ 散歩・サイクリングして楽しい街であること

④ 雑貨・アンティークのお店が充実していること

⑤ 緑が多く、歴史を感じられる街であること



いざ桜木町を中心に、地図・路線図と にらめっこをしていると、結論はただひとつ!

そう 「鎌倉」 です!!

数年前に駿河工房の業者旅行で訪れ、東慶寺の本堂に一目惚れして以来、大好きな街です。

②については、鎌倉の街中についてはまだ判りませんが、それ以外は充分に満足できるレベルですし、横浜に職場があればクリアできることは間違いありませんからね(笑)それと、現実的には自分の経済力に見合った下宿があるかどうかも大事です。


でも、転職先の入社時期との兼ね合いで、年も押し詰まった12月26日に内定の確約が出てから、お正月をまたいで わずか1ヶ月で引越しをしなければいけない状況に(泣)

そこで、26日の午後から翌27日の1日半で下宿探しにチャレンジすることを決意!


f0001956_12585.jpg

年末から1ヶ月後には、9年近く過ごした静岡からお引越しです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

12月26日の午後、JR鎌倉駅に降り立ちました。

鎌倉駅周辺地図

事前に住みたい地域を探してみましたが、やっぱり実際に目で見て、足で歩いてみないことには街の雰囲気は分かりませんよね。

しかし、ろくに地図すら持たずに来てしまいましたので、取り敢えず観光客に成り切ってみます。

午前中の面接終わりで、スーツを着て、革靴を履いた観光客に・・・

鶴岡八幡宮に向かう小町通りを歩いてみても、どの客引きにも声を掛けられません(笑)


街の雰囲気を感じながら、不動産屋さんを探しながら歩いていると・・・

あっという間に鶴岡八幡宮に到着!

今度は若宮大通りを駅方向へ下っていきます。


・・・と、地元で長くやっていそうな不動産屋さんを発見。

誰もが知っている大手の不動産屋さんの支店もありましたが、


① おそらく売買が中心であり、賃貸の仲介に力がはいっていないこと

② 地域のレアな物件(これが欲しいのです)に疎いだろうということ



などを見越して避けました。


見つけた地元の小さな不動産屋さんの扉を開け、自分の条件を伝えます。


① 家賃は月々8万円くらいで抑えたい

② 1月末までに引っ越し、単身で住む

③ 鎌倉駅まで徒歩15分圏内

④ 間取りは1LDK~ (LDKと寝室くらいは別にしたい)

⑤ どれだけ古くても良いから、できれば平屋(一軒家)



店員のお兄さんが出してきてくれた物件は5件ほど。

そのうち、条件に合うものは・・・ 0件(泣)


店員さんとお話をしていて解ったことは、


① ①~⑤の条件 総てを備えた物件は、家賃15万円は出さないといけない

② 年末は物件の絶対量が少ない (年度末に向けて1月末から物件は増える)

③ 住みやすい地域はひとそれぞれ。人気があるのは、鎌倉駅周辺 or 湘南地域

④ 地元の不動産屋さんは物件情報の共有。出てくる物件は似たり寄ったりではないか



それでも、2件を選んでコピーをいただきました。


1件は、家賃8万円の平屋。鎌倉駅まで徒歩20分。真っ黒のトタン張りでなかなかにレトロな外観には惹かれるものがありました。延21.5㎡ほどの1DKですので、荷物をほとんど持たない学生さんならばOKかな?という物件。

もう1件も、家賃8万円の平屋。鎌倉駅までは自転車で20分。線路脇。ちいさなモルタル塗りの家。間取りは、3畳・4.5畳・6畳のコンパクトな和室3部屋+DKで、延44.6㎡。玄関からDKと和室の両方へ入ることが出来るのが魅力。この物件が駅から徒歩15分圏内であれば即決!という物件でしたが・・・


店員さんの「物件を見るには、ひとりで歩いて行ってもらいたい」という言葉に、「えっ!?」と驚きつつ、どうしても見たいとも思えなかったので、「お世話になりました」とお店を後にしました。

f0001956_1134683.jpg

いざ、次の不動産屋さんでの「良い物件との出会い」を目指して出発!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

若宮大通りを てくてくと下り、駅前の交差点を曲がって鎌倉駅前の東口ロータリーに。

鎌倉駅周辺地図


脇道に入ったところで不動産屋さんの看板を見つけました。

ですが、店内を外から覗いたら、間口1間・4坪くらいの細~くて古い店舗です。

・・・思わずスルーしました(笑)


もう一度、大通りに出たところで、もう1軒の不動産屋さんに遭遇。

地元の中堅建設会社の不動産部という感じの小奇麗なお店。

店内には誰もいなくて、インターフォンで呼ぶと女性店員さんが来てくれました。


見せていただいた物件は、先程の不動産屋さんと同じものもあれば別のものも。

いろいろ話をお聞きして、1件良さそうな物件のコピーをいただきました。


一軒家の2階に大家さん。1階をキッチン・浴室を増築・改修して、貸家を2件あつらえてあります。家賃は8.3万円ですが、鎌倉駅まで徒歩6分。間取りはキッチン・洋室ふたつがそれぞれ独立というちょっと変則的ですが、40㎡ほどの広さがあります。この間取りは、洋室ふたつが子供部屋の名残りだと想像できます。

まだ入居中で、1月半ばには現居住者が引っ越すらしい。1月末には入居可能ということで、とりあえず、外から家の様子だけでも見てみようと、地図のコピーをいただきました。

不動産屋さんにお礼を言って店を出て、またてくてくと地図のコピーを見ながら歩きます。

大通りから脇へ入り、大きなお寺を横目に奥の住宅街へ。
5分ほど歩いたとても静かな住宅街の、車が入れない路地の先にその家はありました。

路地から高い位置にあるその家を見上げると、窓が開け放たれ、気持ち良い風が入っていそう。
不審者に間違われるといけないので(笑)、ゆっくりと通り過ぎて再び鎌倉駅へ向かいます。


大通りの信号で足止めをされたので8分ほどで駅へ。


不動産屋さんに入っている時間を除いても、もう3時間歩きっぱなし。

ちょっと疲れて、足の裏も痛くなってきたので、駅前の喫茶店で一息いれて物件情報を再考。


少し休んでほっと落ち着いたところで、まだ2軒しか不動産屋さんを廻っていないことに気付き、気合を入れて喫茶店を出ました。


喫茶店を出て、目の先に先程スルーした小さな4坪の不動産屋さんが。

とりあえず・・・・・・ と思い、店先に貼ってある物件情報を眺めていると、先程外から見てきた家の情報があります。しかも、不思議なことに、その物件の広さが延55.45㎡となっています。

これは訊かなければいけない!

と、その小さな不動産屋さんの扉の中へ。                       つづく
[PR]
by plavi_758 | 2009-01-27 01:29 | 鎌倉で家探し


鎌倉で楽しく暮らす独立系 生命保険・損害保険コンサルタント。住宅業界8年、保険業界4年目の36歳。鎌倉青年会議所活動、鎌倉での食べ歩きetc を綴ります。ご連絡は plavi_fumiki@gmail.com まで!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
オススメのブログ・サイト
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧