鎌倉で暮らす生命保険コンサルタントのBlog.



カテゴリ:鎌倉の神社・お寺( 8 )


あけましておめでとうございます!


皆様 あけましておめでとうございます!

旧年中はたいへんお世話になりました。

本年も皆様のお役に立てますよう精進してまいりますので、

どうぞよろしくお願いいたします!




・・・と、いうことで、鎌倉のお正月といえば「鶴岡八幡宮」

年末から打って変わって、ポカポカとお天気もいいので出掛けました。
f0001956_17515331.jpg
やっぱり大混雑。
f0001956_17525293.jpg
参拝するまでおよそ1時間ほども並びました。

そして、お賽銭をいつもの10倍奮発して(5円 ⇒ 50円)、家族の健康と皆様のご多幸、そして今年も素晴らしいご縁が昨年の10倍訪れますように・・・と、お願いてんこ盛りで祈ってきました(笑)
f0001956_17533727.jpg
階段の上から見下ろしたら、気が遠くなるほどの人・人・ひと・・・
f0001956_17544575.jpg
人混みに疲れてしまいましたが、これも年始の恒例行事ということで。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【 お願い 】 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング に参加しています。 
        ↑↑↑ 1日1回 上のボタンをクリック して応援よろしくお願いします!

[PR]
by plavi_758 | 2011-01-01 18:14 | 鎌倉の神社・お寺

鎌倉の路地

鎌倉の観光客で賑わう小町通りから少し脇に入った路地。
f0001956_17544984.jpg
飾り気の無い懐かしいブロック塀に、控えめなホウロウの表札。
f0001956_17551982.jpg
地元の方の生活道路という雰囲気が窺えて好きです。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

【 お願い 】 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング に参加しています。 
        ↑↑↑ 1日1回 上のボタンをクリック して応援よろしくお願いします!
[PR]
by plavi_758 | 2010-12-06 17:59 | 鎌倉の神社・お寺

『おんめさま』を通って・・・

今週から 自宅から鎌倉駅までの通勤路を変えてみました。


そのキッカケは・・・

最近 知り合った地元の方とお話をしていて、「『おんめさま』の中を通って鎌倉駅に行ってるのか?」と訊かれ、「『おめんめさま』って、ナンですか!?」と答えたら、「違う! 『おんめさま』って安産のお寺だ!」「お前『おんめさま』知らなきゃ鎌倉ではモグリだぞ!」と、罵倒 !! (笑)されたので・・・ということ。

広い通りから路地に入り、『おんめさま』の裏から入って・・・
f0001956_1011851.jpg
庭を通り抜けて・・・
f0001956_10114064.jpg
さらに庭がつづき・・・
f0001956_10121340.jpg
赤い山門に出ます。 この山門、鎌倉駅東口からほぼ真正面に見えます。
f0001956_10123717.jpg
この大巧寺(だいぎょうじ)を、通称『おんめさま』と言います。
f0001956_1013121.jpg
通勤路を変えると気持ちもリフレッシュできていいですね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【 お願い 】 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング に参加しています。 
        ↑↑↑ 1日1回 上のボタンをクリック して応援よろしくお願いします!

[PR]
by plavi_758 | 2010-10-23 10:22 | 鎌倉の神社・お寺

鎌倉市二階堂・杉本寺

鎌倉には本堂や庫裏が立派なお寺が数多くありますが、この杉本寺はその茅葺きの山門や本堂が雰囲気のいいお寺です。

このちょっと急な石段を昇ると・・・
f0001956_21224752.jpg
茅葺きの山門が現れます。
f0001956_21243229.jpg
f0001956_21244725.jpg
昇ることはできませんが、山門から本堂への石段は苔がビッシリと生えていて風情があります。
f0001956_21251092.jpg
本堂も茅葺き! 「日本昔ばなし」に出てきそうな可愛らしいお寺です。
f0001956_21252837.jpg

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
杉本寺(すぎもとでら)は、神奈川県鎌倉市二階堂にある天台宗の寺院。山号は大蔵山。本尊は十一面観音で、坂東三十三箇所第1番札所である。鎌倉最古の寺とされている。
この寺は、734年(天平6年)行基が十一面観音を安置して創建したのに始まると伝えられる。1189年(文治5年)堂宇が焼失しているが、このとき観音像は自ら本堂から出て、境内に避難したと伝えられる。その後、1191年(建久2年)には源頼朝がこの寺を再興したという。この寺の背後にはかつて杉本城があり、足利方の武将で鎌倉府執事を務めた斯波家長(?-1337年)がこの城に拠ったが、南朝方の北畠顕家に攻められ、この寺で自害している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 お願い 】 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング に参加しています。 
        ↑↑↑ 1日1回 上のボタンをクリック して応援よろしくお願いします!

[PR]
by plavi_758 | 2009-10-28 23:05 | 鎌倉の神社・お寺

鎌倉市浄明寺・報国寺

鎌倉のお寺を巡る時に、決してはずせないのがこの「報国寺」です。

以下、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
報国寺(ほうこくじ)は、神奈川県鎌倉市にある臨済宗建長寺派の寺院。山号は功臣山。本尊は釈迦三尊。「竹の寺」とも称される。この寺は、1334年(建武元年)天岸慧広の開山により創建されたと伝えられ、開基については足利尊氏の祖父足利家時とも上杉重兼ともいわれている。臨済宗における寺格は諸山に列せられていた。1438年(永享10年)におきた永享の乱で敗れた鎌倉公方足利持氏の子義久がこの寺で自刃している。

f0001956_21531832.jpg
f0001956_21534243.jpg
報国寺といえば、この孟宗竹の「竹の庭」があまりにも有名ですよね。
拝観料は200円ですが、300円プラスで「竹の庭」にある建物で抹茶をいただけます。
f0001956_21541363.jpg
しっかりと手入れをされた竹林の美しさは、ぜひ実際に感じていただきたいと思います!
f0001956_21543670.jpg
本堂の裏にある庭で、暫らくボォーッとしていました。
f0001956_21572557.jpg
その庭の奥には崖をくり抜いた中にも石塔がありました。
f0001956_21545645.jpg
そのほかにも、敷地内の到る所に「苔」がきれいに生えていました。
初夏の季節にはその鮮やかな緑で素晴らしい眺めになるのではないでしょうか。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 お願い 】 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング に参加しています。 
        ↑↑↑ 1日1回 上のボタンをクリック して応援よろしくお願いします!

[PR]
by plavi_758 | 2009-10-27 02:12 | 鎌倉の神社・お寺

鎌倉市浄明寺・浄妙寺

鎌倉市の奥座敷と呼ばれる浄明寺にある「浄妙寺」に初めてお伺いしました。
f0001956_0292268.jpg
由緒ある禅寺であるにもかかわらず、なんだか長閑な雰囲気の本堂。
f0001956_0295532.jpg
個人的には、庭先で子供が遊んでいそうな「田舎のお寺さん」のような雰囲気が大好きです。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
浄妙寺(じょうみょうじ)は、神奈川県鎌倉市にある臨済宗建長寺派の禅宗寺院。山号は稲荷(とうか)山。詳名は「稲荷山浄妙廣利禅寺」という。本尊は釈迦如来。開基(創立者)は足利義兼、開山(初代住持)は退耕行勇(たいこうぎょうゆう)。鎌倉五山の第五位。鎌倉三十三観音第9番。足利貞氏の墓とされる宝篋印塔がある。婦人病(婦人病に霊験のある神・淡島大明神立像がある)の祈願箇所。境内は梅、つばき、ぼたん、サルスベリ、いちょう、紅葉などの名所として知られる。


本堂の左手にある小さな枯山水の庭を眺めながら、お菓子と抹茶をいただけます。500円
f0001956_6112057.jpg
お菓子にデザインされていたのは足利氏の家紋「二引両」!
f0001956_6115232.jpg
時間が静かにゆっくりと流れる中、水琴窟にも耳を澄ましてみましたが、残念ながらこの時には聴こえませんでした。
f0001956_6122119.jpg


フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
水琴窟(すいきんくつ)は、日本庭園の装飾の一つで水滴により琴のような音を発生する仕掛け。構造としては底に小さな穴の開いた瓶が逆さに伏せた状態で土中に埋められており、底は水が溜まるように粘土などで固められている。上には一般的に手水鉢(ちょうずばち)が置かれておりそこから流れ落ちる水が瓶の穴を通して滴り落ちるようになっている。その時の音が瓶の中で反響し琴の音のような音となる。伝統的な水琴窟は茶室前の蹲踞(つくばい)に併設されることが多い。


鎌倉でまたひとつ、好きなお寺が増えました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 お願い 】 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング に参加しています。 
        ↑↑↑ 1日1回 上のボタンをクリック して応援よろしくお願いします!

[PR]
by plavi_758 | 2009-10-16 06:17 | 鎌倉の神社・お寺

高徳院「鎌倉の大仏」

先日、生まれて初めて「鎌倉の大仏」を見てきました。

小雨の降る生憎の天気でしたが、当然のように そこに大仏は鎮座していました。
f0001956_229307.jpg
やっぱり大きいです。
f0001956_2295386.jpg
奥の穴から大仏の内部に入れます。拝観料200円に加えて+20円です。
f0001956_22101244.jpg
内部はこんな感じになtっています。補修の跡が見られます。
f0001956_22102784.jpg
内部から出てきて大仏を見上げると、ちょっと「秘密を知ってるぞ~!」という優越感(?)が湧いてきて、ちょっと違う顔に見えます。
f0001956_22104182.jpg
「鎌倉の大仏」は、高徳院というお寺の本尊です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 お願い 】 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング に参加しています。 
        ↑↑↑ 1日1回 上のボタンをクリック して応援よろしくお願いします!

[PR]
by plavi_758 | 2009-08-19 22:33 | 鎌倉の神社・お寺

鎌倉市大町・妙本寺

このところ、「自分の時間」というもののつくり方(創り方?)を考えるようになりました。

朝は7時過ぎに家を出て、8時には出社して9時から朝礼。
午後からは夕食あたりから仕事ではなくなることもしばしばですが、終電まで呑んでいます(笑)

そこで、「自分の時間」として出した結論が 「早朝!!」

最近は5時から5時半起きで、ちょっとボーッとしてから散歩に出ます。

そして、一番近くにあって、時間的にもお手頃な場所が「妙本寺」なんです。
f0001956_21475244.jpg
散歩コースには、登り坂・階段・平地…と、飽きることがありません。
f0001956_21512681.jpg
本堂をはじめとした建物も、もちろん凄いです!
f0001956_21515057.jpg
f0001956_21521465.jpg
森林浴ができて、シャキッとなります。
f0001956_2152366.jpg

以下、フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋

妙本寺(みょうほんじ)は神奈川県鎌倉市大町にある日蓮宗の本山(霊蹟寺院)。山号は長興山(ちょうこうざん)で文応元年(1260年)の創建。開基は比企能本、開山は日朗、十界曼荼羅を本尊とする。鎌倉時代初期、この寺周辺に屋敷を構え、2代将軍源頼家の外戚として権勢をふるった比企一族は、比企能員の変(ひきよしかずのへん)により、建仁3年(1203年)9月2日、北条氏によって滅ぼされた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【 お願い 】 人気ブログランキングへ 人気ブログランキング に参加しています。 
        ↑↑↑ 1日1回 上のボタンをクリック して応援よろしくお願いします!

[PR]
by plavi_758 | 2009-08-04 00:23 | 鎌倉の神社・お寺


鎌倉で楽しく暮らす独立系 生命保険・損害保険コンサルタント。住宅業界8年、保険業界4年目の36歳。鎌倉青年会議所活動、鎌倉での食べ歩きetc を綴ります。ご連絡は plavi_fumiki@gmail.com まで!
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
オススメのブログ・サイト
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧