鎌倉で暮らす生命保険コンサルタントのBlog.



<   2006年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧


最近のお気に入り。「太巻きスペシャル」

ここのところ、お気に入りの「太巻きスペシャル」です。

「スペシャル」って響きがいいですよね。

静岡市駿河区にある「鮨のお久だ」に寄ると、お土産として買ってきます。
f0001956_21422229.jpg

特大サイズの太巻きの中には、なんと7種類のタネが巻かれています。
何が入っているのかわかりますか? よ~く見てみてください。
f0001956_21462025.jpg

もっと拡大してみましたよ。
f0001956_2241750.jpg


よ~~~~く見ると、

海老・かんぴょう・玉子・数の子・いくら・穴子・キュウリ そして、桜でんぷと胡麻。

入っているタネは、盛りだくさんで、多くの人にとって比較的好き嫌いの無いもの。

翌朝の朝食としていただくのですが、このサイズなので2人で食べてちょうど良いくらいです。
冷めても美味しく食べられます。  お近くの方は一度お試し下さい!

※ 先日、静岡に来た従兄弟たちを「鮨のお久だ」へ誘ったときにも、この「太巻きスペシャル」を
  お土産として持っていってもらったつもり……が、どうやら「普通の太巻き」だったようです。
  今度、家族みんなで静岡に来たらまた行きましょう。


人気blogランキングに参加しています。 
  ↑1日1回クリックを! 現在21位! 応援よろしくお願いします。
[PR]
by plavi_758 | 2006-06-30 22:12 | 美味しいもの

Yさんの古材 搬出しました!

今日は、ほんの数日しかない梅雨の晴れ間。

この日を狙って、以前お伝えしたYさんのお宅に使う古材の搬出をしました。 (古材・下見の様子)
f0001956_20221231.jpg
朝、9時に静岡市の奥の方(失礼?)
葵区富沢(とんざわ)に集合。

今日集まったのは、Yさん・現在Oさんのお宅の担当・N棟梁とその弟子T君・材木屋さん。
会社から工事監督・設計担当・私の面々。
f0001956_20213477.jpg



さっそく小屋の解体からスタート。

壁・屋根のトタンを剥がし、組んである足場丸太をはずしていきます。
f0001956_20421196.jpgf0001956_20422240.jpg

屋根のトタンの上には、落ち葉だけでなく長い年月のうちに積もった土が載っていましたので、
ホウキで掃いてからベリベリッと剥がしました。

f0001956_20451065.jpgf0001956_20452417.jpg

屋根までトタンが剥がれると、まさしく「日の目を見た」古材たちが姿を現しました。
事前に持ち主の方が、必要なものを数本選んでチェックしてありました。


N棟梁と相談しながら、使えそうなものとそうでないものを選り分けていきます。

白蟻に食われている箇所もありますが、N棟梁曰く、「これを磨くと良い味になるんだえぇ」
f0001956_20472645.jpgf0001956_20482344.jpg
湿気の多い場所に保管してあった為、腐ってしまっているものもありますが、
腐りが一部分であれば、その部分を切って使います。

f0001956_20504275.jpgこんな木々の緑越しの写真を載せると、心安らぐとってもいい場所のようですが、足元には百足・蛇・蜘蛛・蛭といった森の仲間?たちが沢山いて賑やかでした。

子供の頃は平気だったそんな仲間たちも、大人になるに連れて「気持ち悪い」と感じてしまうのはなぜでしょうか?

純粋な子供の頃に戻りたい!と
汗だくになりながら思いました。


約3時間で積み込み作業は終了。
f0001956_20581086.jpg
Yさんとの家づくりは、
現在プランニング中。

工房・店舗付き住宅を
計画しています。

これらの古材が活きるような
店舗をYさんと一緒に
練り上げているところです。


今日積んだこれらの古材は、長いもの・短いもの・太いもの・平たいものと色々ありますが、
使い道を考えながら、材木屋さんの倉庫で上棟時までじっくりと熟成?させておきます。

Yさん、みなさん お疲れ様でした。

人気blogランキングに参加しています。 
  ↑1日1回クリックを! 現在21位! ジワジワと上昇中です! 応援よろしくお願いします。
[PR]
by plavi_758 | 2006-06-29 21:13 | 葵区・Yさんとの家づくり

不思議なクルマ

静岡市内のとある駐車場。

一台の不思議なクルマが停まっていました。

f0001956_20211552.jpg
前から見ると、普通のトラック。
荷台には立方体の箱のようなものが載っています。

箱の手前側には、ふたつの四角い換気扇のようなものが。

でも…… 「んっ?? ちょっと様子がおかしいな」



と、後ろに回ってみると……

トラックの荷台に載せられているのは、スケスケの立方体!

f0001956_20213064.jpg
後ろ側には、一枚の鍵つきの扉がついています。

かなり使い込まれていて、パネルは傷だらけ。
もう現役を終えているのかな?

三方は透明のパネルと扉で仕切られていて、中は丸見え!


「何に使うクルマなのかな?」と必死に考えてみたのですが…


サッシメーカーの車で、壁にサッシが何種類も掛けている展示車輌を見たことはあります。

中に何かが展示されていて、人が扉から入って展示品を試してみるような…?

でも、わざわざ密閉する理由があるのでしょうか?

夏場に中が暑くなってしまわないように換気扇がついていたのでしょうか?

まさか 人が閉じ込められて、暑さに耐える我慢大会をするような罰ゲーム用?


お弁当を食べる手が止まり、想像(妄想?)の翼が生えてきて、空へ飛んでいってしまいそう。

時間が無かったので、とりあえず写真に撮ってはみましたが、結論は出ませんでした。

運転手さんが戻ってきたら、聞いてみようかな なんてコトも思ったのですが、
残念ながら、そんな風に都合よくは戻ってきてくれませんでした。

なんだろうか?という疑問が残り、ちょっと モヤモヤ しています。

人気blogランキングに参加しています。 
  ↑1日1回クリックを! 現在22位!!!!! 応援よろしくお願いします。
[PR]
by plavi_758 | 2006-06-28 20:55 | 街で見かけたもの

Oさんのお宅 大工工事

先日、バス見学会の会場としてお借りしたOさんのお宅は、現在大工工事の真っ最中。

f0001956_21285934.jpg
9月末の完成見学会に向けて
工事は着々と進んでいます。

上棟式(上棟の様子)から約1ヶ月半が経ち、外部では屋根がガルバリウム鋼板で葺かれ、外壁下地まで進みました。

外部足場とネットがあるので
ちょっと分かりにくいでしょうか?

内部では、棟梁が食堂の天井を張っているところです。
f0001956_2141842.jpgf0001956_21411885.jpg

天井に張るのは杉の無垢板。節の無いものを選んでいますので、とってもキレイです。
㊧杉板を一枚ずつ、天井下地に接着剤をつけながらハメていって…
㊨丁寧に留めていきます。
f0001956_21503328.jpg
………と、足元に目を向けると
棟梁は脚立に足場板を載せて、
その上に立っています。

現場に慣れない人が見ると、
ちょっと怖いかもしれませんね。

こんな風に職人さんの手間を掛けるとコストは高くなりますが、住み始めてからの無垢材の経年変化を楽しめるようになりますので、いつもオススメしています。


2階では棟梁のお弟子さんとお手伝いの大工さんが作業を進めてくれていました。
f0001956_21571750.jpg
担当の工事監督が描いた
図面を基に、納まりを確認です。

現場での材料の過不足も
確認しながら進めていきます。

現場での細かい確認の有無や、職人さん達とのチームワークの善し悪しがそのまま建物の善し悪しに反映されます。


大工工事はお盆過ぎまで、あと2ヶ月ほどの予定。
折に触れてOさんのお宅の工事の様子もレポートしていきますのでお楽しみに。

人気blogランキングに参加しています。 
  ↑1日1回クリックを! 現在25位! 応援よろしくお願いします。
[PR]
by plavi_758 | 2006-06-27 22:15 | 駿河区・Oさんとの家づくり

こんな証明書もあります。

先日お引渡しをさせていただいたHさんのお宅では、琉球畳を使いました。

今日、工事監督から預かったのがこの「品質証明書」です。
ちょっと読みにくいと思いますので以下に書き写しますね。

f0001956_21293039.jpg


                 
品質証明書

私どもの畳表は、消費者の皆様に安全で安心してご使用していただく為、土作りにこだわり、
減農薬栽培(1/10以下)を行い安全で快適な暮らしができる様に勤めております。

特徴
この琉球畳の原材料(七島イ)は、一般的な畳表とは大きく異なっております。
七島イは、畳表が日に焼けてから人が使用することによって光沢・飴色に変わり、
良い風合いが出ます。通常の畳表より耐久性が、約2倍~3倍近くあります。

品種
カヤツリグサ科・七島イ

肥料の種類
原肥  セラコート1-S  ヨウリン  過(?)石
追肥  尿素 塩化カリウム

防除
ボルドー液を10日毎に散布、植付け後2週過ぎにリドミル粒剤を散布。
刈り取り3週間前にボルドー液をジマンダイセンに切り替えて、べっ甲病を防除する。

除草剤
サンバード粒剤(植付直後)
シマジン水和剤(落水後、雑草が発芽した所のみ)

害虫殺虫剤
EPN  スミチオン

生産者
大分県国東市………(住所)  ○○○○(氏名)  0978ー□□ー△△△△(℡)

出荷人
大分県東国東郡……(住所)   ○○○○(会社・代表者名)  0978ー□□ー△△△△(℡)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どうでしょうか?薬剤の名前などを細かく調べることは難しいのですが、
生産者・出荷人それぞれの、品質に対する責任感や商品への誇りが伝わりますよね。

琉球畳はちょっと値が張るので、使うことが少ないのですが、このように手間をかけて
気を遣って栽培されたイグサを使っていることが分かれば、その値段に納得できます。


私たち駿河工房では、現在建てさせていただくお宅には20年保証が付いてきます。

基礎や構造躯体などは10年間の保証+有償のメンテナンスを経て10年間の保証を更新。
注意しなければいけないのは、全てが20年保証というわけではなく、仕上げ材や設備など
その箇所ごとに細かく期間が定められています。
また、保証の免責事項の取り決めも明記されていますのでじっくりと読んで確認してくださいね。

私自身、建てさせていただく建物に誇りを持ってお引渡しができるように、
丁寧な打ち合わせ、工事を心掛けることの大切さを感じさせてくれた「品質証明書」です。
 
人気blogランキングに参加しています。 
  ↑1日1回クリックを! 現在30位! 応援よろしくお願いします。
[PR]
by plavi_758 | 2006-06-26 23:21 | 家づくりのこと

ももって甘酸っぱいんですよ。


今日は 「ももまつり」 でした。 

………とはいっても、静岡市駿河区桃園町の一部だけでの話です。

今朝、打ち合わせのために出社したところ、会社の向かいの授産所のみなさんが
とても賑やかにバザーをされていました。

f0001956_21215879.jpg
「ももまつり」の文字を手描きで
描いたピンクのノボリを立てて、
焼きそばを焼き、ゲームをして

…と、来場されたお客さんとの
やりとりを楽しんでいる様子が
とても伝わってきました。


㊧このももも先日授産所の
方からいただいたもの。



駿河工房の本社があるこの町は、名前が桃園町というだけあって、まだ桃畑が残っています。

向かいの授産所でも、ももを栽培してこの季節になるとバザーをされているようで、
毎年、会社にもひと箱持ってきていただくので社員のみんなで美味しく食べさせてもらっています。


ところで、静岡に来て7年目を迎え、そろそろ静岡弁も板についてきたといわれる私ですが、
静岡に来て驚いたことのひとつが、この もも です。

お中元としていただいた生のももを食べた時のこと。
f0001956_21221237.jpg生まれてこのかた25年間、
ももといえば缶詰に入り、
フニャッとしたあま~い
シロップづけの物しか
食べたことがなかった私は、

生のももがこんなにも歯ごたえ
があって甘酸っぱい
ものだと
いうことにビックリしました。

㊧ももの皮にこんなに産毛が
フサフサと生えているのも
知りませんでした。



こんな話を静岡の人にすると、笑われてしまうのですが、私のように、静岡などのももの採れる
地域に住んでいないと、シロップづけのももしか食べたことのない方も多いのではないでしょうか?

人気blogランキングに参加しています。 
  ↑1日1回クリックを! 現在32位! 応援よろしくお願いします。
[PR]
by plavi_758 | 2006-06-25 21:50 | 美味しいもの

静岡で定期借地での家づくりは現実的?

家づくりを土地探しから始めるという若いみなさんには、興味のある話です。

東京都では積極的に行政が定期借地の賃貸に動いているようです。 定期借地とは?
………………………………………………………………………………………………………

東京都、都営住宅の空き地を定期借地として賃貸

東京都は都営住宅の建て替え・高層化に伴ってできた空き地を
民間事業者に定期借地として賃貸する。期間は70年。
子育て支援施設や高齢者施設などの併設を条件に民間の利用を促す。
行政サービスを税金を使わずに実現する。

第1号となる南青山一丁目では、都心居住の推進と高齢化社会対応の施設整備に主眼を置く。
土地を賃借する三井不動産は高齢者介護施設や図書館などを併設した
賃貸住宅付きの再開発ビルを建設する。

一方、郊外の東村山市では、中堅住宅販売会社の東京工務店(東京・千代田)に賃貸、
定借方式で戸建て住宅(280戸)を供給する。 [6月19日/日経産業新聞]


………………………………………………………………………………………………………

しかし、静岡では、まだ定期借地の土地物件は少ないのが現状です。

以前不動産屋さんに聞いた話。

個人で持っている土地を定期借地として賃貸するのは地主がしり込みをしてしまっている。
その理由は、今迄の借地権は借りた方の権利を保護してきたので、定期(50年以上)借地の
期間が終わる頃には自分の代が終わり、子供に代替わりしている。
その時にトラブルの原因となるのではないかという心配が払拭し切れていない…ということ。
 

また、静岡では「土地を手放す・貸す」というのはあまり良いイメージがないようです。

静岡市内の大地主さんの話。

「借金の穴埋めでは?」「家族の誰かが事故を起こしたのでは?」などとあらぬ噂が
隣近所を駆け巡ってしまい、大変なことになってしまうよ。



ところが、静岡市が政令指定都市となって、市街化地域の農地が宅地並み課税となってみると、
私の住む地域は最近まで、茶畑や植木屋さんの畑が多くあったのですが、この半年のうちに、
どんどん分譲地として売りに出されたり、アパート・マンションが建てられたりと、この地域の
ノンビリとした雰囲気が変わってきています。

この流れを見ると、これから定期借地の土地が出てくる可能性もあると思います。
土地探しをされる方にとっては、選択肢の一つになるかもしれません。でも静岡という土地柄、
借地ではなく「自己所有地」というカタチにこだわる方がまだまだ多いのかも…。

ちなみに静岡市では、「土地付き一戸建て」がいくらするのでしょうか?
私の今までの経験では、

静岡市内である程度便利な地域で、30坪の土地を購入すると………  2000万円
家族4人の想定で、30坪前後の「満足できる木の家」を建てると……  2000万円
合計で4000万円は掛かることが多いのです。

        (もちろん他社では、3000万円以下の土地付き・建て売り住宅も有ります)

静岡県や静岡市など行政が東京都のようにもっと動いてくれると、若い世代が
「定期借地+こだわりの一戸建て」を手に入れることが現実味を帯びてくると思うのですが…。

私自身も家づくりをする時には土地を探すところからスタートです。
自分の代だけと考えれば、定期借地もいいかもしれないとも考えています。

※先日お伺いした東京の相羽建設さんの美園モデルハウスも東京都からの定期借地でした。

人気blogランキングに参加しています。 
  ↑1日1回クリックを! 現在31位! 応援よろしくお願いします。
[PR]
by plavi_758 | 2006-06-24 23:25 | 気になった新聞・雑誌記事

一度 お試しあれ!?

今朝、会社に来るなり大きな透明のパックの中の液体をグイグイ飲む工事課のSoeさん。
(本人の希望により目の部分を隠しています 他意はありませんのでアシカラズ)

f0001956_19445869.jpg
「宮川くん 困っちゃたよぉ」
と、本当に困った顔をしながら
透明なパックを手にしています。

「2時間以内にコレを
飲み干さないといけないんだよ」

「それ何ですか?」と、聞くと…

「………センジョウザイ」

「えっ?」

「ケイコウチョウカンセンジョウザイ だよ」

《けいこうちょうかんせんじょうざい》 って何なんだろうか?とパックをよ~く見てみると

「経口腸管洗浄剤」 の文字。              ニフレックの概要

f0001956_20253930.jpg 
ご存知の方もいらっしゃると
思いますが、Soeさんは最近
病院と縁がありました。

この日も腸の検査に行くことに
なっていて、検査に向けた
下準備としてコレを飲まなければ
いけなかったようです。

それで浮かない顔をしてるのか
と合点がいきましたが、
パックを見ていて……… んっ?


製造販売「味の素株式会社」?????

私は、AJINOMOTOが医療用の商品を製造していたことを知りませんでした。

Soeさん 曰く 「 『味の素』 だから美味しいかと思って飲んだら美味しくないんだよぉ」

私も 『味の素』さんだったら ちょっと美味しくしておいてくれてもいいのになと思いました。

というのは、ふと『魔法の粉』 の話を思い出したからです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以前、家族でよく通っていた中華料理屋でのコト。
オヤジさんが手際よくチャーハンを調理をするのを見ていると、
中華ナベの脇に4つの四角いアルミの箱に入った粉が並んでいました。

「そん中に何が入っとるの?」と当時 岐阜弁を操っていた小学生の私が聞いてみると 
オヤジさんは苦みばしった顔で、「塩・砂糖・片栗粉 そして 『魔法の粉』 フフッ」と
笑いながらその 『魔法の粉』 を、仕上げとばかりにチャーハンにふりかけました。

そうです 『魔法の粉』 はもちろん 「味の素」 です。

それを聞いて両親は笑っていました。私はその時にはよく理解できなかったのですが
そのイメージで 「味の素」 はプロが使っていて、美味しくなるものだと思っていた……という話。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話はグルリと戻って、この 味の素の「経口腸管洗浄剤」
どんな味かは みなさんも一度 お試しあれ!?

人気blogランキングに参加しています。 
  ↑1日1回クリックを! よろしくお願いします。
[PR]
by plavi_758 | 2006-06-23 21:36 | 腰痛・健康・ダイエット

あぁ~ 負けましたね。

負けましたね。

サッカーW杯ブラジル戦を早起きして、バッチリ見ようと張り切っていたのですが、
寝過ごして日本の得点シーンは、リアルタイムでは見過ごしてしまいました。

リプレイで見たら、(名古屋グランパスの!)玉田選手が得意の左足でキレイなGOOL!
f0001956_63125.jpg


f0001956_636882.jpg
でも… その後は、前半終了間際に
1-1 の同点になったと思ったら、
後半には1-2 1-3 1-4 と
アレヨアレヨという間に4失点。

これが現実ということなのでしょうか……

監督が替わって、世代交代がすすむ
4年後の南アフリカW杯に期待します。

玉田選手、残念ながら出番のなかった
楢崎選手には名古屋グランパス
戻ってきてからの奮起に期待します!

(写真はいい所だけピックアップ!)f0001956_647953.jpg


人気blogランキングに参加しています。 
  ↑1日1回クリックを! よろしくお願いします。
[PR]
by plavi_758 | 2006-06-23 06:12 | 日常のこと

こいずみ道具店 ブックスタンド

コレはブックスタンドです。

f0001956_21303628.jpgf0001956_21304527.jpg


またまたまた小泉誠さんデザインのものです。(過去の関連記事    )

このブックスタンドを買った理由は、私がいつも本や雑誌をたくさん買ってしまうから。
買った本や雑誌を積んでおくと、何を買ったか忘れてしまって結局読まなくなってしまいます。
(小心者なので長時間の立ち読みが出来ないのも原因なのですが)

そこで、パッと見て、サッと表紙が見えて、スッと手に取れるものを探していました。

家では、自分の部屋にこのブックスタンドを置いてありますが、居間にもトイレにも、
オマケに洗面所(入浴時用)にも本や雑誌を本棚に入れて置いてあります。
また、車の中にも何冊もまだ読んでいない本や雑誌が転がっています。

ちょっと時間が空くと、何か文字をを読んでいないと間が持たないという感じなのです… 

f0001956_21502296.jpg
㊧横から見るとこんな感じです。

無駄のないデザインはキレイで
ネットでコレを見つけたときには、
即座に買うことを決めていました。

このブックスタンドは狭い部屋でも
あまりスペースも取らないですし、
何よりも格好がいいので
とても気に入っています。

わんさか入れても軋んだり
することもなく、とても丈夫です。

サイズは W340×D400×H1500。



f0001956_2131073.jpg
ただ、組み立てるときに
㊧のような回転させて
留める金物に四苦八苦。

ちょっと難儀だったので、
もう少し詳しい組み立て方の
説明書が欲しいと思いました。

家具屋さんでは当たり前に
使う金物なのでしょうか?



家づくりでも、私たちが「一度説明したからわかってくれているだろう」・「常識的なコトのはず」などと
思ってしまうことが、お施主さんにとっては理解することが難しいことがたくさんあります。

特に、お施主さんにとっては図面に描いてある建築用語・記号は解かりにくいものが多いです。

図面を一度見ただけでは、直ぐに理解していただくのは難しいでしょうし、
打ち合わせの雰囲気によっては、聞きにくいのかもしれないと思います。

なるべく丁寧な説明をし、読み込んでいただく時間を取っていただくように心掛けていますが、
みなさんも、ちょっとしたことでも疑問や解からないことは気軽に聞いて下さいね。

人気blogランキングに参加しています。 
  ↑1日1回クリックを! よろしくお願いします。

……………………………………………………………………………………………………………………
f0001956_5141578.jpg
追伸:

こいずみ道具店さんのHPの写真を引用して、
正しい組み方を紹介。

こんな風に一番下のポケットを
前に出しておくんですね。

明らかにコチラのほうがカッコイイですね。
(こうつくってあるので当然なのですが…)

正しく説明をするように心掛けます。
[PR]
by plavi_758 | 2006-06-22 22:23 | お気に入りの家具・小物


鎌倉で楽しく暮らす独立系 生命保険・損害保険コンサルタント。住宅業界8年、保険業界4年目の36歳。鎌倉青年会議所活動、鎌倉での食べ歩きetc を綴ります。ご連絡は plavi_fumiki@gmail.com まで!
カテゴリ
以前の記事
検索
お気に入りブログ
オススメのブログ・サイト
その他のジャンル
最新の記事
記事ランキング
画像一覧